つれづれ日記

seisan.exblog.jp
ブログトップ
2004年 06月 21日

バイクのプラモデル作り・・・2

a0024228_7842.jpg
バイクプラモデル作成の続きです。結構な量のプラモデルがあるのですが、特徴があります。それは市販車がほとんどないこと、80年代以前のモデルがほとんどであることです。現在の売れ筋はMotoGPやWGPの最新マシンですが、私はあまり興味がないのです。また市販車もなんか作る気がしない。80年代以前のマシンは確かに設計的におかしいけど、全体の造形がとってもすてきです。スポークタイヤは、一本一本昆虫針で再現することで、美しくなります。
Kawasaki KR500は、他のマシンと違い、モノコックフレームなのです。ZX12Rがモノコックフレームなのですが、Kawasakiはずっと以前からこのようなモノコックフレームのノウハウを蓄積していたんだな~と感慨深いです。
このマシンは、ここで製作終了にします。だって、せっかくつくったエンジンや、パイピングがカウルをつけたら見えなくなるので・・・。まだまだ塗りが下手は私です。
[PR]

# by seisan_r11s | 2004-06-21 07:09 | Bike & Touring
2004年 06月 20日

バイクのプラモデル作り・・・1

a0024228_12412.jpg
カメラばかりでは、飽きるでしょうからバイクのことも書きます。でも、最近遠出をしてないんですよ。だからインドアな話を、ちょっとば! バイクが趣味って言っても、通勤で使うような場合以外はそんなに乗る機会ってないんですよね。雨が降ったら、まず乗らないし、夜も乗らない。寒い日は好きだけど、暑い日はたまらないっすよ。ヘルメットのなかで意識がもうろうとすることもありますから。でも、たまらなくいいんですよね。ツーリングってさ。
さて、あまり乗れないけど、バイクのことを考えていたいって時は、雑誌を読むのが普通だと思いますが、雑誌って高いんですよね。おまけに一度読んだら滅多に読み返さないし、邪魔になるし・・・。プラモデルは結構暇つぶしになりますよ。多分、ほとんどの子供(我々の世代)のうち、男の子はプラモデルを作っていたと思います。その感覚で、ちょっと凝ってみる。DIYショップに行けば、使えそうな素材が結構あるんですよね。板とか針金とか・・・、そんなのを組み合わせてああでもない、こうでもないとやってるわけです。
現在、作成しているのがタミヤ模型から出ていたカワサキのKR500っていうロードレーサーです。タミヤは合わせが良いって書いていますが、全然・・・パテで修正したり、合わないパーツを加工したり・・・。結構大変な思いをして作っています。市販のバイクをモデルにしたものは、なんか作る気がしないんですよね・・・。でも、下手すぎて、とても完成品はお見せできません。塗りがアライので、途中で止めて、ストリップ状態で飾ろうと思います。
[PR]

# by seisan_r11s | 2004-06-20 12:05 | Bike & Touring
2004年 06月 18日

僕のカメラ・・・その5

a0024228_7459.jpg
ZeissIkonの古いレンジファインダーです。レンズはNovar Anastigmat 75mmF6.3です。フィルムサイズは6×6cmなのです。だから縦位置も横位置もありません。私は昔からポートレイトは縦位置なのですが、そんなことを気にしなくても大丈夫です。
このカメラ、私の親が生まれた頃に作られたものですが、まだまだ使えます。というよりも非常にシンプルな作りなので壊れるとしたら、蛇腹に雨をあてて不調にさせるとか、油が切れて動きが悪くなるということくらいでしょうか?
でも、実はあまり使いこなせていないのです。AEと一眼レフに慣れた身としてはレンジファインダーは難しい。最近でこそ、レンジファインダーに慣れてきましたが、最初は一つ一つの動作を確認しながら撮っていました。
おもに白黒を入れて撮しています。F値が暗いのでISO200か400を入れています。屋外の風光明媚なところを撮影していきたいと思うのですが、出かける機会がないのでちょっともてあまし気味です。
梅田フォトサービスで税込み、送料込みで1万円でした。懐かしいなぁ・・・。
[PR]

# by seisan_r11s | 2004-06-18 07:46 | camera & lens
2004年 06月 17日

僕のカメラ・・・その4

a0024228_85343.jpg
ほとんど使ってないニコンF2です。ニコンのフラッグシップカメラの中では機械式の最後のカメラです。質感は最高ですね。重量もあり、非常に作り込みが丁寧に思います。おそらく、職人さんが丁寧に作ったのでしょう。工場のラインはあったでしょうが、現在のようなロボットが作るような工業製品ではないという感じがひしひしと伝わります。
付いているのは55mmのマクロレンズです。ちょっと黄ばんでおりますが、十分に使えます。ただ、やはりF3とかOM2Nとかに慣れると、これを主力カメラにするにはつらいものがあります。よほど極限状態に行く(電池が効かない)とかしないかぎり、出番はないかも・・・・。もったいないから、どっかに置いておいて、定期的に記録でもさせるかなぁ。キャノンの一眼レフも興味がありますが、触ったこともありません。ニコンとは別の感覚があるんだろうなぁ・・・。
[PR]

# by seisan_r11s | 2004-06-17 08:54 | camera & lens
2004年 06月 16日

僕のカメラ・・・その3

a0024228_45714.jpg
最近使っているシステムです。ニコンって、堅いイメージですよね? F3は私がカメラを興味を持っているころからすでに販売されており、つい最近までは新品が出回っていました。こんどF2も紹介しますが、F2ほどは大きくなく、絞り優先AEのため気軽にシャッターが押せます。なおかつ、非常に壊れにくい。この壊れにくいっていうのは、カメラの第一条件だと思うのです。最近はそうでもありませんが、私がデジタルカメラを使わなかったのは、電子部品はちょっとしたことで壊れるってことがいつも頭にあったのです。とくに、液晶なんて寿命が短そうだし・・・(少なくても20年は持たないでしょ?)。だから、いまだに80年代の一眼レフっていうのは、私の中では最高の位置を占めるのです。
あの当時は、キャノンだのニコンだの・・・他、ペンタックス・オリンパス・ミノルタで5大メーカーなのですが、キャノンとニコンは(今でも)別格だと思うのです。非常に作り込みが丁寧でレンズが豊富。ところが、レンズって高いんですよね。紹介の写真をみてもおわかりのように、タムロンが多いです。マウントアダプトールを使えば、好きなオリンパスのカメラにも使えますし、そこそこ色がきれいです(素人写真家には十分)。値段は、新品だと他のレンズメーカーよりも高めですが、今時マニュアルフォーカスのレンズを持っている人っていないんですよね。だから、ヤフーオークションなどをこまめにチェックしたら、出物があるんですよね。一つ、ニコンの24mmが写っていますが、これもヤフーオークションです。ジャンク品です。なぜジャンクかというと、AFカメラにつけたら認識しないんだってさ・・・。見たところ傷もカビもありません。これでジャンクっていうんだから、笑います。早速F3で撮影したところ、非常にクリアー。これが数千円で手に入るんだから笑えますね。
ただ、前にも書いたのですが、ニコンって重いです。これは、気軽に持ち歩くときはたまりません。だから、山にはオリンパス、普段はニコンって感じでしょうか・・・。
[PR]

# by seisan_r11s | 2004-06-16 04:58 | camera & lens
2004年 06月 12日

僕のカメラ・・・その2

a0024228_13822.jpg先日の投稿からややしばらく間があきました。僕のカメラ紹介の第二弾です。高校生のころ(昭和50年代)はペンタックスMEスーパーで十分満足していましたが、この当時はどんどんカメラが進化・発表・販売された時代でした。当然、カメラ小僧としては、欲しくなります。その当時はマクロ撮影が多かったです。いわゆる虫やら小動物です。こうなると欲しいメーカーは絞られます。オリンパスかニコンがいいなと思っていました。山歩きも好きだったので、ニコンはやや大きいのと価格が高い。必然的にオリンパスが選択されました。とはいっても、大学生の貧乏な時代・・・新品なんて買えません。広島駅の周辺の的場町には中古のカメラ屋が多く軒を連ねていました。そこの軒先のショーウィンドウでオリンパスの程度の良さそうなものを物色して回りました。そこで見つけたのがオリンパスOM-2Nでした。レンズは50mmF1.4がついていて、約2万5千円でした。さっそく店のおやじに見せてもらい、レンズのカビやらシャッターが良好なのを確認してから購入。
このカメラ買ってから(現在2004年)まで約18年所有していますが、まったく壊れませんし、この間フィルムを100本近く撮ったはずですが一回くらいしか電池を換えていません。おそろしくコストパフォーマンスの高いカメラと思います。しばらくは、50mmだけで勝負してたのですが、就職したらよりマクロ撮影がしたくなって、80mmマクロとオートエクステンションチューブおよびリングライトを購入しました。しかし、このセット、ややおおぶりなのです。デイパックに入れて山歩きをするようなセットではないのです。したがって、マクロ撮影セットはほとんど使っていません。
そうこうするうちに、ズイコーOMレンズが発売中止・・・となりました。ショックでした。しかし、レンズを買い込もうにもズイコーレンズって高いんです。とくに好きな中望遠マクロと広角は結構な値段がしました。そこで、通販でもっとも安いコシナの28mmと105mmを追加で購入。105mmはともかく、28mmはそこそこ明るくてシャープです。時々赤い服を着ている人を撮影すると白目が赤くなります・・・欠点はこのくらいでしょうか?私にとって一眼レフってオリンパスなのです。そのくらい好きなカメラですね。もしお金があれば今でも新品が流通しているOM4なんぞ買いたいものです。
[PR]

# by seisan_r11s | 2004-06-12 13:09 | camera & lens
2004年 06月 01日

僕のカメラ・・・その1

とりあえず、カメラのことから書こうと思います。
中学生のころでしょうか・・・男の子っていうのはメカに強いあこがれをいだくものです。私もその一人でした。えーっと、たしか中学一年になるときに、中一コースか中一時代を買うとおもちゃのカメラをもらえるはずだったです。ラジオかなぁ。まぁ、その程度のカメラでも嬉しかったのです。
高校生になるともうだめです。一眼レフが欲しくて欲しくてたまらない。それで何を撮すかというと、鳥やらサンショウウオやら虫なのですが・・・。本屋に通ってはカメラの本を読みあさりました。ニコン・キャノンは別格、めちゃくちゃ高いのです。あとのペンタックス、オリンパス、ミノルタはそうでもない。お小遣いとお年玉でなんとか手に届く範囲でした。
で、高校1年のときにペンタックスMEスーパーという当時世界で一番小さいと言われた一眼レフを手に入れます。たしか広島市内のカメラのキタムラで買ったと思います。レンズはシグマの35-70mmと70-210mmの二本でした。この二本で何本のフィルムを使ったでしょうか? 毎月36枚撮りで2・3本使っていましたから、100本くらいかなぁ。写りは悪かったです。とにかくF値が暗くて、手ぶれが多い。時々しかあたりがありません。でも、一眼レフをカバンにいれてしょっちゅう撮していたなぁ。フィルムはフジクローム400が多かったです。
で、このカメラは35才になるまで20年間ほど所有していたのですが、最後の10年間は全然使ってませんでした。とあることで知り合いになった男の人にあげてしまいましたが、電池を換えると正常に作動しましたね。うん、物作り日本の真骨頂って感じです。
[PR]

# by seisan_r11s | 2004-06-01 12:53 | camera & lens
2004年 06月 01日

はてさて

なんかよくわかりませんが、Blogに登録してしまいました。
多少自己紹介をしないといけないですね。日本に住んでおります。結構西のほうですが、島嶼部ではありません。一応県庁所在地です。妻一人、子供二人と一緒にくらしております。趣味は、たくさんあるのですが、バイクツーリング/カメラ/トレッキング/読書が主なところでしょうか。基本的に一人になることが好きですね。
日頃考えていることなど、つれづれなるままに書き綴って行こうと思います。どうかよろしくお願いします。
[PR]

# by seisan_r11s | 2004-06-01 09:03